更新止まっているので、気分で行ってみよう。

e0114679_045689.jpg

モズクガニです。
やや小さいものの、活きが良く、割り箸と戦っています。



e0114679_05773.jpg

こまいです。
氷下魚と書くぐらいなので、氷の下にいる魚なのでしょう。
北海道などで釣れる魚みたいです。
[PR]
# by yadokenblog | 2010-03-17 00:13

沖縄本島

ヒメハブ Ovophis okinavensis
e0114679_5511882.jpg

e0114679_557230.jpg

相変わらず良い蛇だった。ボテボテっとザラザラっとしてるんで触り心地が良い。それなりに大人しいし。

リュウキュウアオヘビ Cyclophiops semicarinatus
e0114679_5514475.jpg

沢登りをする途中に現れたかなりの美個体。ミミズ食いじゃなかったら飼いたいんだけどなぁ苦笑

北部産 イボイモリ Echinotriton andersoni
e0114679_5522081.jpg

e0114679_615187.jpg

ここら辺は5月の時の写真を掘り起こしつつ笑
県指定の天然記念物。瞳が見えちゃうとおっさんくさいけどめちゃくちゃカッコいい。強かに生きているイモリ。ほんとに遅い。

クロイワトカゲモドキ Goniurosaurus kuroiwae kuroiwae
e0114679_64552.jpg

南部
e0114679_6123510.jpg

e0114679_6125185.jpg

北部。下のは幼体

国内外でかなりの人気を誇るキョクトウトカゲモドキ属の基亜種。ゴニの愛称で親しまれ4亜種に分類される。北部中部南部で模様や顔つきががそれぞれ違う。南部の個体が精悍且優しい顔つきで自分は好きだ。ストライプの出方も良い。
じっとしてるか突発的にダッシュするかで写真自体はかなり撮りやすい。
が、思うように撮れないのが常の悩みである苦笑

ナミエガエル Limnonectes namiyei
e0114679_6134744.jpg

最近いろいろ分類が見直されてる。台湾や東南アジアにはクールガエルという似たカエルがいるが本種は大型、渓流性である点でちょいと違う。核型は似たり寄ったり。

こっちは幼体。既に大物の予感が笑
e0114679_619517.jpg


リュウキュウアカガエル Rana okinavana
e0114679_6202773.jpg

学名が何の捻りもないw
本州のニホンアカなんかと違って顎周りがすっきりしていて全体的にスマート且赤が美しい。
こっちの方が断然好み。

今回結局撮れなかったイシカワガエル Rana ishikawae
e0114679_6231363.jpg

県指定の天然記念物。雨降らなすぎなんだよバカヤロー。全然出なかった。

リュウキュウカジカガエル
e0114679_6251244.jpg

あっちにはもう至るとこに居るリュウカジ。人形みたいで可愛いんですけどねぇ...

アマミナナフシ Entoria okinawaensis
e0114679_6272691.jpg

結構いる。コブナナフシ欲しかった。

オキナワキノオリトカゲ Japalura polygonata polygonata
e0114679_6285814.jpg

樹上にも注意しながら林内を歩くと結構寝てる個体に出くわす。ライト当てると起きちゃうけど笑

リュウキュウヤマガメ Geoemyda japonica
e0114679_6304470.jpg

県指定の天然記念物。5個体くらい見れた。カメに対してあんまり熱が入らないのはそんなにカメが好きでないから。なんでだろ笑

オオハシリグモ Dolomedes orion
e0114679_63237100.jpg

渓流の覇者オリオン様。もうね、この種は日本のクモで一番好きかもしれない。素敵過ぎる。度アップは自分のブログに貼っ付けてあります。

そんなに需要ないことが分かってますんで蜘蛛はかなり控えめにしました笑

シリケンイモリはいつもの法則で一枚も撮ってませんでした。

全体的にほんと雨が降んなかったんで生き物は少なめ。1年生あんま感動しなかったかなー。

ということで会長が久々にあっぷしました。
あとで見たら亀だけ写真でけぇや笑 まあいいや
[PR]
# by yadokenblog | 2009-09-20 06:40 | 活動報告

久々に

たまにはこっちの更新でも。エキサイトでの更新の仕方すっかり忘れちまってる笑


今回は合宿前にK田先輩と二人で石垣、西表に行ってきました。ツボカビ、ラナウイルスの調査(サンプリング)も兼ねていたので撮ったり撮らなかったりでしたが雨が全然降らず、当然の如く出てくる両爬の量も少なめでした苦笑 8月から今の今まで結構あっちは渇水状態で虫屋さんも厳しかったようです。羽化不全が多発したり林内ぱさぱさでやる気がおきなかったり...

まあそんな感じで写真載せてきます。

サキシマキノボリトカゲ Japalura polygonata ishigakiensis
e0114679_4474255.jpg


タイワンサソリモドキ Typopeltis crucifer
e0114679_448522.jpg

アマミのそれと比べるとあまり大型がいない。ちなみに沖縄本島でのTypopeltis stimpsoniiの分布はほとんど報告が無く、久米島とどっかの島の一部だけ。変な分布。

オオハナサキガエル Rana supranarina
e0114679_4481655.jpg

アマミハナサキなんかとは違って吻が先端まで伸びており、だいぶ印象が違う。コガタの方は裁断状なのでちょっと雰囲気はある。

アイフィンガーガエル Chirixalus eiffingeri
e0114679_4483133.jpg
e0114679_4501740.jpg

石垣でも西表でも林内であれば至る所からピ、ピという本種の鳴き声が聴こえる。他種と違って光を当てた時に楕円ではなく瞳が横長になるので形態、色彩と相まって独特の雰囲気を醸し出す。

e0114679_4492092.jpg

また生態面では樹洞などで産卵し子に無精卵を与えて育てるという日本唯一の子育てをするカエルとしても知られる。幼生も結構いて卵も少々見られた。
K田先輩は甚く気に入っていた。
まあ自分然りですが笑

ヤエヤマアオガエル Rhacophorus owstoni
e0114679_4485111.jpg

サキシママダラが路上に出ていたので暫し撮影をしているとヤエアオの鳴き声が森の方から鳴き声がしていたので二人で探しているとK田先輩が発見。やっぱりいろんなか所で目敏い。
ヤエアオは瞳孔の色彩や後肢内側の模様が特徴的で他のアオガエルと並べられてもすぐ分かる。
ツリーフロッグの可愛さは異常だ。

サキシマスジオ Elaphe taeniura schmackeri
e0114679_449558.jpg

とりあえず学名はこれを使っておく。
本種はマックス220cmにもなりこの個体は2m弱あった。アオダイショウなんかと違って顔がだいぶ長くほっそりしている。横顔でいったら一番端正で美しいかもしれない。

ヤエヤママルヤスデ  Spirobolus sp.
e0114679_45042.jpg

種小名はまだ付けられていない。つまり未記載。でも有名なヤスデ。結構でかくて色も綺麗なので人気がある。触ると取りずらい粘液状の体液を出してくる。

サキシマバイカダ Lycodon ruhstrati maltifasciatus
e0114679_4505795.jpg

八重山三大珍蛇として知られるが意外とポンポン出るヘビ。瞳孔が見辛く、普通に見たら真っ黒な円ら瞳なので非常に可愛らしい。この個体はバイカダにしてはかなり大人しかったので撮りやすかった。

e0114679_5263226.jpg

西表島ではヤマネコのロードキル対策としてこのように道路に白線で注意を促したり、車に気付かず轢かれないようにするため車が通ると音がでるように工夫してある場所が何箇所もあった。
また
e0114679_530714.jpg

このように側溝をなだらかにすることで側溝に落ちてもまた林内へ戻れるよう設計されていた。両側がなだらかな個所もあった。アンダーパスもあり西表島ではこうした生き物に配慮した道路作りが盛んなようだ。

サキシマハブ Protobothrops elegans
e0114679_52743100.jpg

ポンポン出るヘビ。O塚先輩が見なかったと言っていたのが信じられない。
ハイポメラニスティック個体
e0114679_534233.jpg


ヤエヤマセマルハコガメ Cuora flavomarginata evelynae
e0114679_535157.jpg

西表では結構な数見た。その名の通り箱になる笑
山中でも川でも路上でも用水路でも見かける。国の天然記念物

ヤシガニ Birgus latro
e0114679_5382518.jpg

この時期はよく出てくるそうで。でっかいハサミで挟まれた笑

ゲホウグモ Poltys illepidus
e0114679_5404722.jpg

e0114679_5422495.jpg

木の瘤などに擬態するクモで本種の張る網はレコード盤と呼ばれるほど緻密で美しい。今回は拝めなかった。本州にも分布してます。同種だったかな?

e0114679_546391.jpg

e0114679_5442669.jpg

ピナイサーラの滝。絶景だった。二人とも高いとこは好きだったので崖っぷちに座ったりいろいろした笑

とまあ八重山はこんなもんです。写真は文展でもうちょい出す予定。全部車中だったんで暑さとの戦いでした。
[PR]
# by yadokenblog | 2009-09-20 05:48 | 活動報告