<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2007夏合宿 最終回 ~哺乳類編~






奄美の野生

第4弾

哺乳類編






シリーズ奄美大島の生き物第4弾!最終回は哺乳類編です!





e0114679_15264199.jpg

リュウキュウイノシシ

まずはリュウキュウイノシシです。
本土のイノシシと比べると(イノシシ見たこと無いけど・・・)非常に小さく、
この個体は体長50cn以下だと思いますがこれでも大人だそうです。
道路の脇にたまった落ち葉の下に隠れている生き物(ミミズ?)を探していました。
5mぐらい近づきましたがまったくこちらに気づいていないようでした。
写真は僕が立てた物音に反応して様子をうかがっているところです。





e0114679_15273296.jpg

ネズミsp1

奄美大島には数種類のネズミが生息しています。
詳しくないのでなんともいえませんがこの写真のネズミは
本土にも生息しているクマネズミではないかと思います。
これらネズミを狙ってハブが息を潜めているので夜の奄美は全く油断できません
案の定このネズミを撮影した場所から少し下ったところで金ハブに遭遇しました。
ネズミもハブも雨が降った後で良く見られました。
多分雨が降っているとネズミは行動が出来ず、
雨上がりになると行動を開始するので、
それを狙ってハブが活発に活動するのではないかと思います。




e0114679_1528137.jpg

ネズミsp2

このネズミはもしかしたらアマミトゲネズミかもしれません。
体も上のネズミに比べるとかなり小さく、20cm弱だったとおもいます。
いったん茂みに隠れたところを執念?で撮影しました。
そのほかにケナガネズミであろう巨大ネズミも目撃しましたが
写真に収めることは出来ませんでした。




e0114679_15284152.jpg

アマミノクロウサギ

最後はやはりこの方アマミノクロウサギです。
奄美の夜の生き物の代名詞ですね。
国指定天然記念物ですが奄美の哺乳類の中では
一番観察しやすい存在です。
大きいのから小さいのまで林道を走らせると
たくさんの個体数を見ることが出来ました。
しかし以前は島全域で観察できたクロウサギですが
今では島の北部ではその姿を見ることは出来ません。





以上哺乳類編いかがでしたでしょうか。
やはりヤド研的にはアマミトゲネズミとケナガネズミは
しっかりと写真に収めておきたかったところですが
リュウキュウイノシシをばっちり撮影できたのでよかったです。
しかしながらアマクロの写真は何故だか全然撮れませんでした。
そのあたりは次回への課題としたいと思います。
それにしても奄美は本当に哺乳類がよく見られます。
それだけ生態系が豊かな証拠なのだと思います。




というわけで4回シリーズでお送りしました
奄美シリーズも今回で終了です。
えー魚編は?昆虫編が無いぞ?
という意見もあろうかと思いますが
自分そんなに幅広い知識を持ち合わせていない&
写真そんなに無いのでご容赦していただけたらと思います。
これを機にまた島に行きたい!と思っていただけたら幸いです。

それではまた来年、島でお会いしましょう!さようなら!

by 企画のK
[PR]
by yadokenblog | 2007-10-08 22:14 | 2007夏合宿奄美