<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

生命の神秘!トウキョウサンショウウオその②!in南房総 延長戦

養老渓谷ではサンショウウオがいる気配がなかったので、午後からはピンポイントでいそうな場所を手探りで探すことにしました。

2/15.15:30  車を走らせていると眼下に良さそうなポイントを発見しましたが、どうみても急な崖を降りなきゃならない。K本「良さそうなポイントですが、まあ死んだら元も子もないですね。」と言われましたが、俺は必死で降りる方法を探しました。そしてある程度安全に行けそうなルートを見つけ、実行しました。自分を信じろ。そして何とか崖を降りてったのですが竹やぶが水路の上を塞いでいました↓がかき分けて進みました。
e0114679_10302058.jpg

さらに下流に進むと道路から見えたポイントに行き着きました↓
e0114679_1032040.jpg

「おお・・・これはいそうだな・・・。」とりあえず高まる興奮を抑え、落ち葉を木の枝を使って1枚1枚はがしていきました。すると黒い物体がスーと出てきました、まさか・・・俺は以前こういうシュチュエーションでアカハライモリと間違えたことがあったので冷静になってもうしばらく観察していました。

少しずつ近づいてみて見ると・・・ハハ・・・キターー!!サンショウウオだーー!!うお~~!!と狂ったように叫びました。

これを聞きつけたのかK沢が崖を降りてこっちにきてくました。そして歓喜のあまり俺はK沢を抱きました。これが念願のトウキョウサンショウウオです↓
e0114679_10581310.jpg

顔はこんな感じです、とてもかわいいでしょう?↓
e0114679_1101978.jpg

俺ってばついにやりましたよ・・・K先輩!いままでの苦労が報われたような達成感と満足感でいっぱい・・・あれ、こみ上げてくるものが熱いぞ・・・アレレレ・・・。

2/16.8:00 昨日の感動醒めあがらないまま朝を迎えました。ちなみにあの後、鋸南にあるばんやの湯につかり、K田の家で泊まらしてもらいました。K田、お世話になりました、もう一日野宿は正直キツイと思ってたさ。そして今日の予定はまた別の場所でサンショウウオを探すことになりました。

棚田の有名な場所に着きました。きれいな景色です↓
e0114679_11345371.jpg

そしてその田んぼの中にトウキョウサンショウウオの卵嚢を発見しました↓
e0114679_11501793.jpg

ちなみに卵嚢とはサンショウウオの卵の塊のことでクロワッサンみたいのが対になっています。この卵嚢はゼリー状でそのなかの卵が孵化するまで保護する役目を果たします。

2/16.22:00 明日の朝に車を返すのでシダックスで時間を潰すことにしました。ちなみ俺は全国で1位をとりました↓
e0114679_11555380.jpg

K本が中島みゆきや井上陽水を熱唱してたのが印象的でした。

2/17.5:30 千歳船橋到着。その前に渋谷駅の近くでものすごい数のタクシーに囲まれました、ハンパなかったです。ひどく疲れました。

いや~今回の旅は念願のT・Sを見ることができて最高でした。思い起こすとT・Sを探す旅の過程ではO塚と山中で凍えたり、途中で自転車が故障したり、イノシシの足跡を発見したり・・・いろんなことがありました。今回T.Sを見れたのはみんなの協力があってからこそ出会えたと思います。そしてこれからもみんなと一緒にいろいろな生物を追いかけていきたいと思います。とりあえずこれで生命の神秘!トウキョウサンショウウオ!

by大野
[PR]
by yadokenblog | 2007-02-18 12:59 | 観察記録

生命の神秘!トウキョウサンショウウオその②!in南房総 後半

2/15.19:00 起床!といっても夜中に寒くて何度か眼が覚めてしまいました。日中の千葉は暖かかったのですが、やはり夜は冷え込みました。そして外で寝てた二人も戻って来たのですが、よーく顔を見ると二人とも殴られたように顔が腫れていました。自分「お、お前ら顔どーした!?」、二人「ひゃはは・・・にやられました・・・なんで全然寝られませんでした。」なんと千葉にはもう蚊が発生していたのです!もう朝から驚きと笑いのオンパレードでした。そんな早朝の内房の海↓
e0114679_20184956.jpg


そして本日最初の目的地の養老渓谷に向かいました。
車で走ること約一時間半、養老渓谷駅で小湊鉄道を見ることが出来ました↓
e0114679_20362895.jpg


そして養老渓谷の近くのパーキングで朝食をすませいざガサガサしに渓谷に出陣しました。渓谷の様子はこんな感じでした↓
e0114679_20442162.jpg


まず初めにサワガニをゲットしました↓
e0114679_20521369.jpg

ここの周辺のサワガニは体色が白っぽいので驚きました。

続いてはシマドジョウとホトケドジョウを発見しました。
K本が容赦なしでドジョウを獲りまくっていましたが俺は全然でした・・・。
前回のガサでも紹介したホトケドジョウ↓
e0114679_2162545.jpg


さらに下流に行くとヨシノボリの仲間をゲットしました↓
e0114679_2115667.jpg

e0114679_21433287.jpg


さらにギバチの幼魚をゲットしました↓
e0114679_2121887.jpg


一年生諸君はいろんな魚と滝が見れて浮かれたようなので俺は一つを入れてやりました「お前ら本来の目的を忘れてはいないか?肝心のサンショウウオを見れなかったじゃないか!」と。
この後はポイントをサンショウウオにしぼって探すことにしました。そしてついに2日目にしてこの旅の最大のやま場をむかえるのである!!

感動の延長戦に続く!

by大野
[PR]
by yadokenblog | 2007-02-17 21:55 | 観察記録

生命の神秘!トウキョウサンショウウオその②!in南房総 前半

サンショウウオ企画第2弾!として今回は前回よりもスケールアップしてお伝えします!

今回の参加者はガサでおなじみのK本、野生児K沢、そして実家が千葉のK田、そしてサンショウウオを探して3千里未だ見たことがない自分の総勢4人でした。日程は2月14の夜出発で2月17日の早朝帰宅の3泊4日で、今回のステージは千葉の南房総(K田の家の周辺)でした。

2/14.18:00 千歳船橋からレンタカー(マツダ、デミオ)で出発!とりあえずK本の住む江東区にカーナビをセットしたのですが、都心で俺たちかっぺドライバーを待ち受けていたものは複雑な交通標識と有り得ないほどの車線の数!車線変更は3人の協力プレイでやり過ごしました。そして雨が次第に強くなっていく中全然ナビの通りに行けないもどかしさからくる怒りは何故かK本に向けられました。なんで俺たちが江東区まで行かなきゃなんだ!!

1時間半くらいかかりながらやっとK本と合流することができました。その間クラクションの数3~5回、運転手K田「帰りのこの区間は大野さんが運転してくださいね!俺はもう嫌ですよ。」
その後俺が運転したのですが、ものすげー雨(台風か!)の襲撃により一時死にそうになったのですが、千葉に入ってからは止んだのでその後は順調に進むことが出来ました。

その後サイゼで休憩しK本→K田と運転手を代え目的地の保田に0:00すぎに到着しました。すぐ寝るのは惜しいと思われたので、内陸の山でいいポイントがあるか探りに夜間散策しにいきました。道路にひょっこり出てきたのは・・・↓
e0114679_13172148.jpg

アカガエルでした。近くの田んぼから可愛い鳴き声が響いていましたが道路には車に轢かれた彼らの骸がたくさんありました。ショック・・・。

しばらく流していたのですが慣れない運転で疲れていたので、戻って海沿い道の駅で泊まることにしました。車中泊は2人が限界なので俺とK田は車中で、K本とK沢は外でシラフで寝ることになりました↓
e0114679_13411724.jpg


しかし外で寝てた二人にとんでもない災難が襲い掛かる・・・それは・・・後半に続く!

by大野
[PR]
by yadokenblog | 2007-02-17 13:58 | 観察記録

2007/2/11 多摩川水系 ガサガサ

今回の企画の参加者は俺と1年のK本と同じく1年のK沢でした。場所は多摩川上流の支流で電車で行きました。最初のポイントではジャンボサイズのカワムツを発見しました↓
e0114679_12261871.jpg

さらに上流ではカサゴカジカを発見しました↓
e0114679_1237257.jpg

そしてさらに上流に行こうと道路に出ると1人のおじさんが俺たちを待ち構えていました。どうやら禁漁期間のヤマメの密猟を取り締まる監視員的な存在でしたが、俺たちが密漁目的ではないとわかると何故かヤマメがいるポイントまで案内してくれました(笑)さらにおじさんと記念撮影まで済ませガサガサによさそうな川を教えてくれました。サンキューおじさん!
そして言われた通りその川までいったのですが・・・↓
e0114679_12542914.jpg

これは・・・完全に干上がっている・・・。とりあえず腹が減っていたので干上がった川のど真ん中でランチにしました。その後水を求めてズンズン下流に行くと水が復活してきたので、そのため池っぽい場所でガサると・・・↓
e0114679_1310693.jpg

なんとホトケドジョウが採れました!ちなみにホトケドジョウとは環境庁のレッドデータブックの絶滅危惧ⅠB類に指定されていて近年生息環境の悪化により数が減っているドジョウです。ヒゲが4対で1対だけ上を向いているのが特徴です。これには一同驚愕しました。
他にもツチガエル、ヤマアカガエル、シマドジョウ、ギンブナ、キンブナ、タカハヤ、サワガニ、ザリガニ、エビちゃん、水生昆虫がいっぱいとれました。

by大野
[PR]
by yadokenblog | 2007-02-12 13:58 | 観察記録

生命の神秘!トウキョウサンショウウオその①!~後編~

謎のベールに包まれた神秘の生き物サンショウウオ、そんな君たちの為なら空腹も疲労もイノシシだって恐くはないさ!と意気揚々と歩くこと約30分。どうやら道をまちがって本流との合流する地点まで来てしまった・・・。↓
e0114679_2165318.jpg

普通ならここで引き返すところですが、まさに逆転の発想!今の俺にはタモと長靴そして目の前にはヨダレでそうな渓流があるじゃないか!ということで再びガサを始めました。すると・・・↓
e0114679_2113188.jpg

渓流の女王ヤマメの稚魚が数匹ゲットしました。さらに大きな岩の隙間にいたのは・・・↓
e0114679_21201437.jpg

婚姻色が出ているウグイをゲットしました。しかしさすがは野生のフィッシュ!こいつを捕まえた代償に片足ドボンしました。
ここで注意したいのは魚を撮ったあとはすぐにもとの場所にリリースしています。組合の人よろしくお願いします~。
すっかりガサにはまってしまい時間もそろそろヤバくなってきたので、引き返しました。そしてポイントの排水溝についに・・・きたかこれは・・・↓
e0114679_2159844.jpg

残念!ヤマアカガエルの卵塊でした。近くに成体がいました。チクショウ。
てことで今回は残念ながらトウキョウサンショウウオを見ることはできませんでした。がしかし近くのビジターセンターで有力な情報が得られたので次回に期待しててください。
追伸、筋肉痛が数箇所あります・・・うぅ・・・。
by大野
[PR]
by yadokenblog | 2007-02-08 22:28 | 観察記録

生命の神秘!トウキョウサンショウウオその①!~前編~

2007.2.7 今回のこの無謀ともいえる企画の参加者はなんと自分だけです・・・。何故無謀かというと世田谷区喜多見~八王子市とあきる野市の境付近、交通手段自転車です。
AM3:18出発!自転車の車体に比べ荷物の量がハンパじゃない↓
e0114679_22455867.jpg

多摩川沿いから甲州街道を経て暗闇の中の八王子市街を駆け抜ける。そして秋川街道をひたすら直進しAM8:00頃目的地に到着しました。またその前に立ち寄ったコンビニの人が最近イノシシが出没しているから気をつけてのこと。これはまさか・・・?↓
e0114679_237483.jpg

そしてポイントまで行き、さっそくガサりました。なんとファーストガサで卵を腹に含んでいると思われるヤマアカガエルがヒットしました!サイズは掌くらいありました。↓
e0114679_2322832.jpg

さらにガサっていくと、再びヤマアカガエルをゲットしました!↓
e0114679_23375736.jpg

この他にもキジ♀を見ました!こいつもこんな時期にこんな場所で人間に出くわすとは思ってもいない様子でものすげー羽音とともに去っていきました。音は「ドバドバドバッ!!」

最初のポイントにはサンショウウオがいなかったので移動することにしました。そして怒涛の後編に続く!!

by大野
[PR]
by yadokenblog | 2007-02-08 00:04 | 観察記録